現代文de学問のすすめ 愛の四つ葉社

現代文de学問のすすめ

現代文de学問のすすめ

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」
1984年~30年以上一万円札の肖像画としても馴染みの深い福沢諭吉が明治初期の著書、学問のすすめの書き出しに使った言葉…。
この言葉にはどのような思いが込められていたのでしょうか?
現代文と原文を交互に列記しているので、現代文のみで読み進めることばかりでなく、当時の文語と読み比べたり、多様な楽しみ方もできる書籍の「初編学問の目的」全文が試し読みできます。